熟年離婚と相続

熟年離婚をした後は、おひとりでお暮しになる、または新しい相手との生活を始めることになります。

その時にいずれ問題になってくるのは、「相続」「葬儀」の問題です。

残された人たちに自分の希望を伝えるためには、「遺言」を書いておくことをお勧めいたします。

遺言書

葬儀

葬儀については「費用をどこから出すのか」「どんな方式の葬儀をしてほしいのか」などを事前に遺言として残しておくことをお勧めいたします。

喪服の女性

相続

相続に関して遺言を残すことは

  • ご本人の意志に沿った形での遺産分割が実現できる
  • 残された方々の間での争いを回避できる

というメリットを実現できます。

特に熟年離婚された方は、相続時の問題が複雑化することが考えられます。
どのような相続を行うべきかじっくりと検討する必要がございます。
遺言の作成や相続に関しては、一生に一度のことです。
専門家に頼ることが確実です。どうぞご相談ください。