熟年離婚とお金

年金

年金は熟年離婚後の生活の明暗が分かれる、大きな問題です。
「年金分割制度」の改正によって熟年離婚の増加がさらに加速しているようです。
どんな風に改正されたのか、見ていきましょう。

※詳細:年金について

年金

年金分割改正のポイント1(2008年4月より前に納めた分)

2008年4月以前に納付した年金については、厚生年金や共済年金の報酬比例部分(共済年金については職域加算部分も含む)が分割の対象となります。
夫の名前で納めた年金のうち、妻が受給できるのは最大で2分の1までです。

また、この分配の割合は、「お互いの合意」または「家庭裁判所の決定」が必要となります。

年金

改正のポイント2(2008年4月より後に納めた分)

2008年4月以降に納付した年金については、専業主婦だった期間に限って夫の厚生年金・共済年金の保険料納付実績を自動的に2分の1に分割することができます。
(妻も基礎年金に加入しますから、結局、報酬比例部分の分割になります。共済年金については職域加算部分も含みます)

離婚後の生活の見通しを立てる上では、このような年金分割制度を把握しておいた方が賢明でしょう。

当事務所では年金分割制度の利用家庭裁判所への申立て分割比率の引き上げについてのご相談を承っています。どうぞお気軽にご相談下さい。

熟年離婚と財産分与

年金分割で得た年金だけでは生活できない方は多いかと思われます。
そこで重要なのが、離婚によって受け取る「財産分与」です。
再就職が難しい熟年世代にとって、この「財産分与」が運命の分かれ道といえます。
まずは、夫婦の共有財産をきちんと把握することが大切です。

※詳細:「財産分与」

年金

代表的な共有財産

  • 不動産
  • 預貯金
  • 生命保険
  • 有価証券など
  • 会員権
  • その他高価品
  • 退職金

自分の共有財産として認められるものを一度洗い出します。
その中で、自分が受け取れる割合がどれだけになるのかを把握しましょう。
内容によっては事前に調査したり、分配の割合を検討する必要がございます。
加えて、財産の取捨選択や受け取る方法に関しても熟慮すべきです。
財産分与は、最も重要な争点ですので、専門家にご相談ください。

(夫婦それぞれの相続財産については熟年離婚と「相続により取得した財産」との問題をご覧下さい)