熟年離婚と離婚後の生活

熟年離婚をした後に、豊かな生活をおくるために、熟年離婚自体を自分に有利な形で進めることはもちろんのこと、離婚後に必要な手続きをすることも大切です。

以下に離婚後の手続き等についてまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

医療保険

保険証

離婚前に加入していた医療保険をそのまま利用できることもあれば、新たに加入する必要性がある場合もあります。

詳しくは、弊所離婚サイト 「医療保険」を御覧ください。

戸籍と姓

離婚の際、原則的に結婚した際に姓が変わった方は、元の姓に戻ります。
ただし、「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場に提出することで、婚姻中の姓を継続して使用することが可能です。

戸籍については、結婚する前の戸籍に戻るか、新しく自分が筆頭者となった戸籍を作成するかを選択しなければなりません。

どちらも猶予期間などがありますので、詳しくは弊所離婚サイト 「戸籍と姓」を御覧ください。

公的扶助

熟年離婚では、離婚時に仕事をしていない場合、生活に困窮してしまうことはたびたび起こります。
そのようなことがないように離婚を進めることももちろん大事なのですが、それでも生活に困ってしまうことはあります。

そのような方のためにいくつかの公的扶助の制度があります。

詳しくは、弊所離婚サイト「公的扶助」「生活保護」を御覧ください。

再婚

再婚

離婚後に再婚を考える方も少なくありません。
ただ、女性の場合、「再婚禁止期間」に注意しなければなりません。

詳しくは、弊所離婚サイト「再婚」を御覧ください。